ネットワークビジネスの勧誘から脱出する成功法 - ネットワークビジネス在宅起業で退職後の不安を希望に変える成功法

     こんな不安が募りませんか?

103392.png      ・このままでは定年退職後の生活が不安
     ・会社が倒産したら、自分や家族はどうなってしまう
     ・いつ会社をリストラされるかわからない
     ・親の介護費用は捻出できるだろうか・・・
     ・これから益々気になる健康管理
     ・いつまで元気で働けるだろうか・・・

       将来のためのリスク分散はこんな起業方法で解決!
   リスクが限りなく少ない完全在宅ネットワークビジネス成功法

ネットワークビジネスの勧誘から脱出する成功法

ネットワークビジネスを始めるということは、会社や製品などを人に伝え
ネットワークを広げるために多くの方々を勧誘しなければなりません。

ネットワークビジネスは友人や知人あるいは親戚など自分の限られた人脈を
頼りに人に連絡を取り、直接会って話をし、次に会う約束をしたり、セミナーに
動員したり、仲間の会合に出席するように勧誘したり、そしてその結果ネット
ワークビジネスの勧誘がうまくいったり、いかなかったりします。

このプロセスを数十回、数百回繰り返す。
回数が多くなればそれだけ紹介する多くの人を必要とします。
その人たちは当然ですが、自分で見つけてこなければなりません。

このプロセスはそれが成功・不成功にかかわらず、非常な手間暇と
時間がかかります。

yjimage.jpg


ネットワークビジネスを始める際のハードル



ネットワークビジネスは今述べた勧誘が誰でも実行する一般的なやり方
です。この方法は本当に人を大切にできる人でないと、あらぬ誤解や
障害にさらされる危険を常に抱えています。

ネットワークビジネスを始めてしばらくすると、多くの人がいつの間にか
辞めてしまうのは、スタート時の勧誘で躓く人が多いということです。
このことは、平均3人の知り合いにビジネスを紹介して、立て続けに
断られると立ち直れない人が大半だというアンケートにも表れています。

私もそうでしたが、電話で友達と会う約束をして喫茶店などで会って
話をしても、どのタイミングでビジネスへの勧誘を切り出すか最初の頃は
ドキドキしたものです。そうした努力もほとんどの場合、徒労に終わ
っていました。最悪の場合友達が離れていくこともありました。
結局直接勧誘をしたときに成功事例はたったの5人でした。

私の場合に限って言えば、私自身上手に人付き合いとか、人間関係の
構築とかができないタイプなのだということを理解しました。

ネットワークビジネスを始めるもう一つのアプローチがあります



結局私は、一時的にネットワークビジネスから離れました。しかしある日
関心があるのか無いのかわからない知人に直接会って話をする今までの
やり方ではなく、初めから関心のある人に手を上げてもらえる方法が
あることに巡り合ったのです。これなら、関心のない人に話をして、
迷惑がられることもありません。
更に直接会わずにすべてのノウハウを伝えることができるため、日本中
どこに住んでいる人だろうが、地域に制約されることなく自由に
参加することができるのです。

もちろんこのやり方でも、ネットワークを作り上げるまでの時間は
今までのようにかかるかもしれません。
しかし、自分のペースで、自分のやり方で、自分の掛けられる時間で
アポ取りをして相手に合わせて直接会って話をすることなしに
ネットワーク作りをしていけるのです。このメリットの大きさを
想像してみてください。

ネットワークビジネスで稼ぎたい人が、まるで内職をするように
個人で働いていればいずれネットワークを築いていける。
そうして、そのネットワークの大きさに応じて所得が得られる。
所得の大きさは、あなたの頑張りに比例するのです。

ワクワク、ドキドキしながらネットワークビジネスを始める。
それが、「インターネットで集客する在宅ビジネス」なのです。


ネットワークビジネスの勧誘から脱出する成功法




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。